後悔しないために!中古車を選ぶ際のポイント

admin

admin


走行距離を見て中古車を選ぶ

通常、走行距離が多い車ほど価格は安くなるので、安い中古車を購入したいという方であれば、走行距離が10万kmを超えたものを選ぶのが一つの手です。というのも、一般的には10万kmが中古車の寿命といわれている中、最近の車は性能も上がってきているので、メンテナンスがしっかりと行われていれば安全性に問題がないといえるからです。
一方、見た目のキレイさを重視したい方は、できるだけ走行距離が少ない車を選ぶことになりますが、一つ注意点があります。極端に走行距離が少ない中古車の場合、車のメンテナンスが行き届いておらず、思わぬ故障が発生することもあるのです。車を毎日使用する人だと1年で1万kmが平均的な走行距離になります。そのため、この基準から大きく外れる場合は、メンテナンスがきちんと行われているかどうかお店のスタッフに確認するといいでしょう。

保証が付いているかどうか

せっかく新車より安く買っても、すぐに壊れないか心配という方もいるかもしれません。そんな時には、保証が付いているかどうかもポイントになります。また、中には返品可能なお店もあるので、中古車の購入で失敗したくないという方は、保証が付き返品も可能なお店で購入するのが得策です。ただし保証内容はお店によってさまざまなので、しっかりとお店のスタッフに確認するようにしましょう。

車検の有無も確かめる

中古車では、車検が残っていない車も多く存在します。その場合もちろん車検が必要になりますが、その費用は車両本体価格に含まれている場合と、車両本体価格とは別の登録諸費用として別途必要になる場合があるので注意しましょう。また、購入時に車検を行ってもらえないこともあり、その場合には自ら整備工場にお願いする必要があります。

ボルボは他の輸入車と比べて特に安全性能に優れています。そのためボルボの中古車は、幅広い層に人気があります。